あおばだい整体院ブログ

第1話 動くこともままならない腰の激痛

整体院物語 腰の激痛

T・Mさん 50代 女性 主婦

3週間前の深夜に寝返りをうった拍子に腰に激痛が走り、翌朝以降も体を動かそうとするだけで腰に激痛が走る状態が継続。

3日間ほぼ寝たきり状態で過ごし、痛みを伴いながらもどうにか動けるようになって整形外科を受診。

レントゲン、CTスキャン、MRIを撮影されて、重篤な腰痛ではないことを確認。
痛み止めの薬と湿布薬を処方されて、様子見してくださいとの事。

重篤な腰痛ではなく、しばらくすれば落ち着くと言われて、ひと安心したTさん。

ところが、

初めに痛みが出てから3週間、整形外科を受診してから2週間が経過しても、体をすこし動かそうとするだけで腰に激痛が走るのは変わらずで、痛みが治まる気配が無い。

そんな状態で、御家族に付き添われて当院に来院されました。

青葉台整体院物語 急性腰痛

ひと通り経緯を伺ってから、当院の考え方を説明して、姿勢分析、体組成分析、ストレスチェック、動作テストを実施。

全ての動作が恐る恐るという感じで、立ち姿勢も腰が曲がったまま伸ばせない。
歩くのも恐る恐るで、施術ベッドに横になるのにもかなりの時間を要しました。

急性腰痛で真っ先に確認しなければならない条件(※)を確認して、整形外科の所見と当院の検査結果をもとに、対応可能である旨をお伝えして初回は終了。

青葉台整体院物語 急性腰痛

『普段は家事でも何でもテキパキこなしたい』性格との事で、
1日でも早く良くなりたいとご希望で、時間も作れるという事で、1日おきの通院からスタートしました。

初回から1週間後の4回目の来院時にはだいぶ痛みが緩和して、動きやすくなってきたとの事。

3週目から4週目は状態を見ながら通院間隔を延ばしていきました。

初回から4週間後には普通に動けるようになり、ワンちゃんのお散歩にも復帰して、激痛に対する恐怖心もほぼ克服できたようでした。

青葉台整体院物語 急性腰痛このTさんのケースは、生まれて初めての腰痛、しかも激痛で原因もハッキリせず、大がかりな検査を立て続けに行い、痛みは緩和せず、日に日に増していった不安が回復を妨げた一番の要因であったのだと考えられます。

当院に来院されてから順調に回復されたのは、私の腕が良いからではなく、シンプルに必要なことを積み重ねていった結果です。

痛みの激しいひどい腰痛が続くと、このまま良くならないのでは?!という焦る気持ちも出てきますが、重篤な疾患がある場合を除けば、ほとんどの急性腰痛は必ず良くなっていくものです。

ギクッと痛みが走った時は、慌てず焦らず、まず落ち着いて出来ることをしていきましょう。

青葉台整体院物語 急性腰痛以下に、重篤な腰痛を示唆する条件を書いておきますね。

(※)【重篤疾患の存在を示唆するレッドフラッグ(危険因子)】

◆馬尾症候群(尿閉、便失禁、下肢の広範囲な神経症状、歩行困難、サドル麻痺、肛門括約筋の弛緩)

◆重大な外傷

◆がん病歴

◆発熱

◆静脈注射の使用

◆ステロイド剤の使用

◆50歳以上

◆絶え間ない夜間の激痛

◆横になっていると痛みが悪化する

レッドフラッグと神経学的異常所見が存在する場合は、ただちに適切な専門医へ相談しましょう。

この整体院物語第1話の補足記事をお読みになる方は↓からどうぞ
整体院物語 第1話の補足(急性腰痛に関して)
【初めての方へ】
【私が開院した理由】
【他の治療院さんとの違い】