はじめての方はこちらからどうぞ
あおばだい整体院ブログ

第5話 整形外科に3年通った椎間板症

整体院物語 椎間板症

Y・Mさん 40代 男性 デスクワーク

『整形外科で首の椎間板症と診断されて3年くらい通院してるんですが、あまり良くならなくて。』

詳しくお話を伺うと、

3年ほど前から左肩~首の付け根が痛く、ひどい時は側頭部の頭痛と左手指5本に痛みと痺れが出る。

整形外科でレントゲンを撮って『椎間板症』との診断。

電気治療と温熱療法を月1~2回のペースで約3年続けたが、良くなる気配が無い。

ここのところ、ひどくなってきている気がして、他の手段を探して整体院を見つけた。

痛みが強い時は集中できず、お仕事にも支障が出ていて、良くなるのならばなんとかしたい。

ただ、過去に整体を受けた経験が無いためイメージが湧かず、病院で良くならないものが果たして良くなるのだろうか?という疑問をお持ちでした。

人生初の整体ということで、丁寧に説明をしながら進めていくことに。

整体院物語 椎間板症

姿勢分析では、高身長のためにかなりの猫背で、顔が前に突き出る姿勢。

ストレスは多少あるけど、それほどでも無いそう。

手で触れると、首と肩の緊張が強く、特に左側がガチっと固まっていました。

  • 3年前から左肩~首の付け根が痛い
  • 頭痛(左側頭部)
  • 左手指5本の痛みと痺れ

施術頻度について、『月1~2回』では改善が難しい事をお伝えして相談。

週1回のペースでスタートすることになりました。

整体院物語 椎間板症

『3年前から続いている症状ですから、1回ですぐに結果が出るものではないので、根気よくやっていきましょう』とお伝えして、施術計画スタート。

ところが、

初回施術後の1週間は、頭痛と手指の痛み&シビレが軽減したとの事。首~肩の痛みはまだ変わらず。

施術2回目の後1週間は、頭痛と手指の痛み&シビレが出なかった!そして首~肩の痛みもだいぶ軽減して、気になることが少なかったとの事。

そこからは順調に進み、4回目以降少しずつ施術間隔を延ばしていき、いま現在は3~4週間に1度のペースでメンテナンスケアを継続されています。

整体院物語 椎間板症

整形外科でレントゲンやMRIの画像を見て「潰れた椎間板は元には戻りません」と言われると、どうしようもないように思えてしまいますが、椎間板が潰れていても症状が良くなることはよくあるのです。

ここ最近の研究では、椎間板の変性、劣化は痛みなどの症状とは無関係という説が有力視されてきています。

全ての椎間板症の人がYさんのようにトントン拍子に進むわけではありませんが、波がありながら少しずつ良くなっていく人が多いです。

整形外科で椎間板の異常を指摘された方は、落ち込まずに医師と相談なさって良い対策を探してください。

他のページをご覧になる方は下のリンクからどうぞ。