坐骨神経痛(座骨神経痛)

坐骨神経痛(座骨神経痛)の症状

  • お尻から太ももの裏、外側に痛みやしびれがある。
  • 膝から下、ふくらはぎやその外側、足の裏にまで 痛みやしびれがある。
  • 前かがみ姿勢が長く続くと痛みやしびれが出やすい。
  • お尻の痛み、足のしびれ、太ももが痛い、膝の後ろが痛い など。

坐骨神経痛の原因

坐骨神経とは、腰から出た複数の神経が臀部で1本の束になって、太もも~ふくらはぎ~スネ~足へと枝分かれしながら伸びている神経です。
この坐骨神経が刺激を受けることで、その支配領域に痛みや痺れが出る症状を坐骨神経痛と呼んでいます。

坐骨神経痛が発症する要因には、下記のようなものがあります。

  • 腰椎椎間板ヘルニア
  • 変形性脊椎症(腰椎症)
  • 腰椎すべり症
  • 脊柱管狭窄症
  • 梨状筋症候群
  • 臀部の筋肉の緊張によるもの
  • 急性腰痛(ぎっくり腰)に伴うもの
  • 整形外科の検査では、特に異常なしと診断されるもの

坐骨神経痛の原因は様々なものがありますので、一度は整形外科にて検査・診断をお受けになることをお勧めします。
しかし、病院に通っても痛みがなかなか改善しない方や、検査で異常が見つからない方も多いのが実情です。当院のカイロプラクティックはそのような方々にお勧めしたい療法です。あきらめずに一度ご相談ください。

坐骨神経痛(座骨神経痛) 当院の対処法

まず腰・臀部・脚の硬くなっている筋肉を緩めていきます。
痛みや痺れによって腰・臀部・脚の筋肉が緊張して硬くなると、症状がより強くなります。腰から脚の硬くなっている筋肉をトリガーポイントセラピーでゆるめることで症状を緩和していきます。

続いて、動きの悪くなっている腰の関節や股関節を無理なく動かして柔軟性を回復していきます。
そして坐骨神経を圧迫しにくい姿勢や痛みを予防するエクササイズをお教えします。
日常生活の中でもカラダをケアして、症状を改善、予防していきましょう。