頭痛

頭痛の症状

頭痛 緊張型頭痛 血管拡張型頭痛 偏頭痛 目の奥の痛み

  • 長時間のパソコンで頭が痛い、偏頭痛がある
  • 首から後頭部全体が重い感じ
  • 右側または左側の側頭部がズキズキする
  • 頭頂部が痛い
  • 耳の後ろが痛い、耳の裏が痛い
  • 目の奥のほうが痛い
  • 肩、首がこってくると頭痛になる

頭痛の原因

頭痛の90%以上は、緊張型頭痛血管拡張型頭痛(片頭痛や群発頭痛)に分類されます。

こり 血流 緊張 血管拡張 痛み トリガーポイント 関連痛 ストレス

緊張型頭痛は、悪い姿勢やストレスなどによって首・肩コリがひどくなり、頚部・頭部の血流が悪くなることで起こります。 頭痛が持続したり、徐々に強まったりするのは「痛み→ストレス→こり→痛み」という悪循環が起きるからだと考えられます。

血管拡張型頭痛は、ストレスやホルモンバランスの変化によって、頭部の血管が過剰に拡張して神経を刺激することで起こります。 血管は活動時に収縮、休息時に拡張するのですが、活動時のストレスが強いと血管収縮が増して、休息に切り替わった時に反動で過剰な拡張が起こります。血管拡張型頭痛が起こった時の応急処置としては、過剰に拡張している血管(痛むところ)を冷やすのが効果的とされています。

※当院の適応にならない頭痛もあります。脳の血管の異常や緑内障などによる頭痛です。そのような場合は適切な医療機関の受診をお勧めいたします。

頭痛 当院の対処法

緊張型頭痛と血管拡張型頭痛は、原因は異なりますが、対処法には共通する部分があります。どちらも首・肩周辺の血流を良くし、カラダの緊張を低下させることです。

まず首・肩周辺の緊張している筋肉をゆるめて血流を改善し、カラダの緊張をやわらげていきます。
続いて、背骨の関節を調整します。慢性的な頭痛をお持ちの方は首・肩の負担が大きい不良姿勢が定着していることが多いです。不良姿勢のクセがついて硬くなっている背骨の柔軟性を回復することで、首・肩に負担の少ない正しい姿勢をとりやすくなります。

そして施術後の良い状態を維持して症状を繰り返さないようにするために、負担の少ない正しい姿勢のとり方や、カラダの緊張をやわらげるための手軽にできるエクササイズをお教えいたします。日常生活の中でカラダをすこし意識することで良い状態を保つことができます。